つてとのブログ

【新入社員】入社してから1年間、仕事が楽しくなかった原因とは何か

f:id:tachitutetoNosuke:20220116155220p:plain

 

こんにちは、たちつてとです。

 

表題についてまず僕のステータスですが

  • IT中小企業
  • 入社2年目が終わろうとしている
  • ある程度の仕事はできるようになった
  • しばしば小さな失敗はする
  • 今は割と楽しい

となります。

 

また1年前はどうだったかというと

  • 謎の焦りが強かった
  • 人間関係も正直...
  • かなりやばい失敗あり
  • 楽し...くはなかったかな...

です。

 

入社してまもない方や

入社してから時間は経ったけど、

ベテランとはいかないレベルの方へ。

 

辛い・辞めたいとなる原因とは

まず

僕の経験した「辛い・辞めたい」となる原因を

洗い出してみると、

  • 人間関係
  • 作業内容わかんねえ...
  • それ無茶振りでは?
  • どうしてもミスがある
  • ミスっぽく言われたけど、そんなん知らんわ!

こんな感じです。

 

また、↑の原因が解決されるまでに要した時間は

1.5年

です。

それぞれの原因ついて、万能ではありませんが

僕なりの対策を考えてみます。

 

人間関係

心当たりある人いますよね....。

人間関係って死活問題だと思います。

仕事自体が楽しくても、

人間関係が浅かったり悪かったりだと

「会社」という場所にはいたくないものです。

 

入社して日が浅いと人間関係が悪いことはないでしょうが、

ちょっと緊張しますよね...。

 

僕が気にしていたことは

  • スカイプでの注意の、温度感がわからない
  • 対面でも(コロナ禍で)マスクのせいで表情がわからない
  • 愛想のない人のやりとり

です。

上2つは、わからないからこそ、悪い方へ捉えてしまう、

という悩みでした。

 

とりあえず時間をかけて話してみる

のがいいのではと思います。

飲み会とかだと、夜遅くなってしまって

あなた自身がぐったりしてしまうかもしれません。

 

ここは長くても1時間くらいの

お昼の休憩時間などを利用しましょう。

 

時間をかけてというのは、

2,3時間話し込むのではなく(これはこれであり)、

仕事やちょくちょくの会話等を通して

じっくりとその人の性格を把握する

ということです。

 

→僕の悩みだった温度感はその人を知ることで

「あ、これはこのくらいの温度で言われてるんだな

(だから深刻には捉えなくていいけど、注意しよう)」

っていうのを把握して解決しています。

 

時間っていうのは結構大事で、

信頼関係ができてくると、

相手もここまではズバッと言ってもいい

というを掴んでくれる(はず)なので

仕事にも好影響だと思います。

 

作業内容わかんねえ...

これはよくありました。

説明が上手い人は、

少なくともわかった気にさせてくれる。

 

しかし、説明が下手な人は

そもそも作業内容が何かすらよくわからない。

 

納得するまで質問

聞きましょう。

いずれにしても

説明が全然わかんないんですけど!

って言ってても始まらないので、

なんでもいいから質問を飛ばしましょう。

 

なんか相手がよくわからないカタカナを

使ってきた場合も、

 

すいません、それってどういう意味ですか?

 

です。

僕の場合、「マスタ」とか「ワーク」とかでした。

もうめちゃくちゃ基本的単語です。

 

自分が作業内容を完全に把握するまで

質問はしたほうがいいですし、

その場ではわからなくても

後から質問しても良いと思います。

 

僕も前者後者の両方のタイミングで

質問していますし、3,4年目の方もされています。

 

一番やばいのはよくわからないまま

勝手に進めてしまうことです。

 

それ無茶振りでは?

実は、無茶振りなのか否かというのは

ちょっと難しいかもしれません。

 

というのも

その会社での標準レベルに依存するからです。

ま、それにしても入社1年目なら限度ありますがね。

 

僕が体験した例

フレームワーク自体のソースを読まされそうになったこと

 

(phpというプログラミング言語があるんですが、)

そんなもの毛ほども知らない段階で、

めちゃくちゃ凝ったソースを

解読させられそうになった。

 

幸い、課長さんが

「ああ、そこまで読まなくていいよ」。

助かりました...

 

社内の観察と先輩への相談

本当に無理じゃね?と感じたら、

「今自分がやろうとしていることは

先輩たちも通った道なのか」ということを

雑談ついでに聞いてみましょう。

 

ついでに

アドバイスもいただけるかもしれませんし

自分が接しやすいタイプだと思ったら

人間関係問題への解決の一歩となります。

 

仕事のミスについて

根本的にパーフェクトな仕事って難しい

という問題があります。

 

特に

プログラミングでシステムを作るということに

関して言えば、不具合0が本当に難しい。

 

これはベテラン・中堅・新入社員に共通しています。

 

しかし、難しいからと言って

最初から諦めていても話になりませんから、

そこでどうするの?っていうのを教わりましょう。

 

ミスを減らす対策
  • 自分の成果物の確認
  • 上司への確認依頼

が有効かなと。

 

僕の場合ですが、

終わったーーーーーーーー

からの

あっぶねっっっっっっっ

→修正作業は結構あります。

 

ですので、第1回目の「終わった」は

僕はほとんど信用していません

 

逆にいうと、期限間近で

第一回目の「終わった」がくるのは

与えられた作業時間が足りていない、と捉えます。

 

さらにいうと、2回目の「終わった」も

精度が微妙で3,4回目くらいで完成となります。

 

いや、もっと精度の良い作業をしろよ。

やってるんじゃい!

 

ミスへの注意のされ方もよく観察

なんでそんなことも知らないの?

っていう注意の仕方は

誰がなんと言おうとゴミです。

 

そんなこと言っていても何も始まらないからです。

 

そういう時はこうしたらいいよって

アドバイスもらえたら

ありがたく参考にしましょう。

 

僕は、ですが、基本言いたいことあっても

理屈として筋が通っているなら、

素直にアドバイスを参考にします。

 

やっぱり経験が浅いとミスは減らない

ここまでの話を全部蹴っ飛ばしますが、

入社1年目くらいだと、やっぱりミスは減りにくい。

 

これは経験が浅いからだと思います。

 

僕も2年目終了間際にして、

ようやくミスの少ないレベルになってきました。

 

自分がどういうミスをするかをよく学習して

時間と共に減らすようにすれば良いのでは

と思います。

 

具体例

  • 誤字脱字←作業終了後の確認で潰す
  • 作業漏れ←作業の全貌を上司に再確認する

などです。

 

「見極める」ことが肝要

最後になりますが

まず周囲の会話や人をよく観察することが大切だと思います。

  • 作業内容に疑問→この業界では当たり前なのか
  • 人の性格に疑問→言われていることは真っ当か

上二つともNoならば、転職も視野に入りますし、

可能ならば先輩など誰かに相談しましょう。

 

幸い僕は、

上2つとも(ほとんどの場合で)Yesだったので

自分の成長が必要だと感じました。

→日々、全力で仕事をしている次第であります。

 

また、

夜遅くまでサービス残業・休日もサービス残業等がある

または、先輩がそれをしている→将来の自分の姿

という視点も重要です。

 

くれぐれも仕事のやりすぎで体調を損なわないよう...

 

スピード感ある転職サイトはこちら。

電話番号・名前など最低限の個人情報登録で

担当の方とコンタクト取れます。

 

もちろん登録は無料なので、

何しろ行動したい!という方はおすすめです。

 

どちらかというと

個人的にはプログラミングを進めたい。

自分で「見極める」とは書きましたが

これは論理的思考能力の一環だと思います。

 

論理的思考というのは、仕事はもちろん

プリンタとPCを無線で繋ぐときですら役立ちます。

小学生でも(※3年以内で600万超人)

プログラミングを授業でやるというので驚きです。

ただ、

  • 入会金で33000円
  • 会費で22000円(学生・シニアは半額)

※いずれも税込。

は、かなりお高い買い物

 

プログラミングスクールは、

ウン十万円のかかるから相対的には安いのですが...

 

資料請求はもちろん無料なので、

まずは

資料請求、内容から判断することを強くお勧めします。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を気に入っていただけた方は、

ブックマークツイートしていただけるとうれしいです。

ブログを更新する励みになります。