トマトソースを作ろうとしたけど、失敗して草だった話

 

こんにちは、調子に乗って料理失敗おじさん

たちつてとです。

 

思えば、ナポリタンとかと

冷凍食品でもありがちな、トマトクリーム?ソースの

スパゲティとの違いってなんだろう、というのを

本屋の立ち読みで知っていまい、そして失敗し

記事にする次第です。

 

そう、そしてその結論は

すなわち牛乳があるかないかだ!

という。

 

思考の過程

なぜなら、

tachitutetonosuke.hatenablog.com

この過去記事内では触れませんでしたが、

ぼくの作ったスパゲティはナポリタン的。

 

そして、立ち読みした結果、

その本によるとナポリタンを

コンソメの素+ケチャップで、

一方

トマトソースの洋風?なスパゲティを

コンソメの素+ケチャップ+牛乳

つくるという。

 

まさかぼくが前作ったナポリタン的パスタに

牛乳をぶち込むと、ちょっとおしゃれな

洋風なトマトソースのスパゲティができるとは...

 

生成物

やるしかあるまい。

 

と決意し生成されたのが以下のブツです。

f:id:tachitutetoNosuke:20211205225157j:plain

※グロ画像注意。とまでは流石に行かない

と思うんですけど...

 

あんまり美味しそうじゃない...と

自他ともに認めるところです。

 

上の過去記事での反省点、

ツナを加えることも覚えていたんですが

そこまで味の違いがわからず。

 

なお材料は、基本的に過去記事と同じです。

加えて下記のものを入れています。

 

原因

牛乳が多すぎた。

これにつきます。

 

ケチャップをドバーッと入れるノリで

牛乳をドバーッと入れると、

なんか若干牛乳臭くなりました。

 

ですんで、慌ててリカバリーとして

追いケチャップをぶち込み、

しかし味が若干薄いので

バター(カロリーハーフ)を急遽追加。

 

この辺でぐだっちゃったので

野菜の類もちょっとシャキシャキ感が

なくなっちゃいました...

 

わかったこと(小並感)

前回の過去記事でのスパゲティは

「ソース」という概念がない生成物で

気持ち的には焼きそばの類に近いものでした。

 

今回は、ちょっとおしゃれにソースなるものを

すなわち、麺+液体という状態のものを

作りたくて牛乳を大量投入してしまった

という背景があります。

 

しかしここで落とし穴。

牛乳は別にしょっぱいものではないので

入れすぎるとトマト感がなくなってしまう。

どころか味が薄くなってしまう。

→このためのコンソメ...と気づきを得ます。

(※「コンソメの素」に対する苦手意識から

基本ケチャップだけで作ってます。)

 

補足

具材は相変わらず大きめに切ったんで

これはおいしかったです。

味が薄くても食感でフォローして

食べた気になれば満足するものです。

 

辛味

今回も辛味は加えました。

やっぱスパゲティに辛味は合いますな。

 

 

おいしかったにはおいしかったんですがね。

料理というものは難しい...。

いやなんかいろんなもの(生クリームとかコンソメとか)

を利用すれば美味しくできるんでしょうが...

 

できれば、素朴な食材でサクッと作りたいものです。

この辺は、料理本を立ち読みして知識を得なければ...

 

以上。

 

多分↓レシピ通りに作れば、美味しい。

 

↓ぼくを料理に駆り立てたドラマ。

「きのう、何食べた?」


第1章


きのう何食べた?(1) (モーニングコミックス)