○○銀行のシステムが酷すぎるので、極力システムを経由せずに厳密に出入金を記録する機能を作る話

こんにちは、たちつてとです。

表題通り、現状を打開するために動こうという

社会人の鑑のような記事です。

 

イントロ.愚痴

僕が利用している銀行の一つに

○○銀行があるんですが、そのシステムがひどい。

Web上に明細等があるので、

定期的に確認しに行かないとなんですが。

 

訪れるたびにひどいわ。と思う次第です。

  • 過去の収支が数ヶ月しか見れない⇨期間はぼかしてるけど、短すぎ。
  • ログインすると、表示期間が今日〜今日⇨誰が今日だけの収支見たいねん。
  • あるサービスに新規登録するものの、既存のサービスと同期してないのか過去データが出ない⇨言葉でんわ。
  • エラーがコードで表示される(10XYZとか)→日本語で出ないので、解決策がわからない⇨草。
  • ブラウザの「戻る」で画面遷移すると、表示に失敗しログインし直しが強要される⇨草。

いや〜描いてるだけでイライラしてくる内容ですね。

どの銀行か特定されないように、かなりぼかしてますが

ここまで文句を書くとわかるのでは?ってレベル。

 

あ、ちなみにみずほではありません。

僕は、使ってなくてよかった...と安心した勢なので。

 

それともWeb通帳でありがちな問題なんですかね。

いやでも三井住友のは、↑の4つくらいはクリアしてましたが...

 

ということでアプリに追加機能をつけたい

何回か記事にしていますが、出費管理アプリを作ってます。

【個人開発】自分で作った出費管理のスマホアプリが地味に便利だった話【Flutter/Dart開発】

↑リンクでは、めちゃんこざっくりで、こんな使い方してます。

ってのを書きました。

 

で大事なところなんですが、今ある使い方としては、

出費があるたびに

ざっくりした金額

毎回手入力で記録していく

ってところです。

 

アプリ製作当初のコンセプトとしても

「ざっくり」だったんですが。

 

いざ作り上げてみると、

「通帳の収支とちゃんとあってるか」

(もちろん概算で、です)

も気になるものです。

 

結局、アプリの方には

  • ざっくり把握モード(既存)
  • 厳密確認モード(新規)

こんな感じでモードを設けようと思っています。

上記の通り、収支記録は銀行の方の電子通帳には

数ヶ月しか記録されないんで、

自分で記録していく必要があります。

したがって、アプリ製作!です。

 

作戦会議

ところで、どうやって厳密に正しいデータを

持ってくるかなんですが。

もちろん、手入力で一個一個入れるのはだるい。

 

幸い、例の銀行には収支一覧を

CSV出力することができましたから、

これを利用します。

CSVExcelもどきみたいな感じです。

 その実中身はコンマ付のデータ。

 Excelより(装飾とかの意味で)大変素朴。

 

作戦は以下です。

  1. ク◯システムよりCSVダウンロード
  2. Google Driveとかに保存
  3. アプリで読み込みにいく
  4. 適当に加工して、アプリに保存・表示

こんな感じ。

4番「加工して」というのは

新しくImportDataみたいなクラス作って

incomeとかdateとかプロパティ作って...

CSV読み込み→一行一行をストレージに登録

という意味になります。

 

できそうではありませんか?

 

まあ、今のところ2,3番を細かくすると

  • Google Drive等にCSVを保存
  • スマホのストレージにCSV保存
  • アプリ側でファイル選択
  • 上述の通り、クラス作って順次登録

とややめんどいことを想定しています。

理由は、こったこと実現しようとすると

プログラミングするのに

まあまあめんどくさそうだから。

 

まあ、CSVダウンロードして

Google Driveに保存するだけなんで

そんな手間でもないですわ。

 

むしろ、最低一回は

例の銀行のシステムを経由しないといかん

ことの方がしんどい。

 

今回はここまで。

こういう風に頭いい(実際に頭いいかはともかく)

ことを考えるのは楽しいですな。

 


基礎から学ぶ Flutter


Flutter モバイルアプリ開発バイブル

エンジニア発オンラインスクール【RUNTEQ】