【IT】IPアドレス関連のことは知っておくか...な話

こんにちは、たちつてとです。

インフラ関係の常識的なところは、こっそり習得していかんとな...と思うこのごろ

なので、メモ的に書いていきます。

 

IPアドレス

32ビットで表現される、ネットワーク上でデータをやりとりする時の

宛先、発信元を特定するための番号。ネットワークアドレスを指すと同時に

機器のアドレスもさす。

 

→32「ビット」、ということは32個の0 or 1の羅列となるが実用上は、

10進数0〜255を4つの塊で表現する。

min=0:00000000、max=255:11111111というわけ。

サブネットマスク

IPアドレスをネットワークを指す部分と、機器に割り当てる部分に分ける。

IPv4では32ビットで、↑IPアドレス同じように0〜255の数字で表現もする。

1と0の羅列で表現されるが、11111...11100000のように同じ数字が連続する。

この1が続く部分ネットワーク部0が続く部分ホスト部という。

IPアドレスの個数:具体例)

サブネットマスク が255.255.255.0とすると、

1111111 11111111 11111111 00000000

最後、0が8つなので0〜255個のIPアドレスが存在する。

ネットワーク自身のアドレス:具体例)

IPアドレス:192.168.12.11を例にすると、

11000000 10101000 00001100 00001011

サブネットマスク が255.255.255.0ならば

1111111 11111111 11111111 00000000

ここでAND処理({1,1}→1、その他{1,0}とか→0)すると

11000000 10101000 00001100 00000000

となる。

192.168.12.0がサブネット自身のアドレス。

 

【さらに練習】

192.168.12.32は

11000000 10101000 00001100 00100000

だが255.255.255.0

1111111 11111111 11111111 00000000

とAND処理すると

11000000 10101000 00001100 00000000

となる。192.168.12.0がサブネット自身のアドレス。

当然同じ結果を得られる。

【さらに練習ここまで】

 

ブロードキャストアドレス

自ネットワーク、他ネットワークに対しての機器にデータを一斉送信するためのアドレス。

アドレスの実際の値

ネットワーク最後の大きなアドレス。サブネットマスクホスト部は0の羅列だが、

ホスト部に対応するビットが全て1のアドレス。

 

具体例)

255.255.255.0なら

1111111 11111111 11111111 00000000

で192.168.12.0のネットだったら

11000000 10101000 00001100 「11111111」

となる。最後の8桁がホスト部なので、ホスト部に対応する最後の8桁全てが1。

 

 

CIDR表記

Ipアドレスサブネットマスクの情報をコンパクトに表現できる。

表現の仕方は、

ネットワーク」のアドレス/サブネットマスクのネットワーク部の桁数

 

具体例)

192.168.100.0/24

ならば、サブネットマスク

1111111 1111111 1111111 00000000

192.168.100.0〜192.168.100.255

の範囲にアドレスが存在する。

上の通り、ネットワークのアドレスは

192.168.100.0

ブロードキャストアドレスは

192.168.100.255

 

となる。この表記はよく知っておいた方が便利そう...

 

ああ...勉強することがまだまだ...